着物が日常着であった頃は、手入れや保管についての知識が世代の移り変わりとともに伝えられてきましたが、生活様式の変化とともに着物が特別な衣類のようになり、そのお手入れや 取り扱い方がだんだん継承されなくなってきました。 以前は近所にあった、悉皆屋さんや京染屋さんと呼ばれるお店も時代とともに少なくなり、何でも相談できるところが身近に見られなくなってきました。
着物を衣類として着る以上、必ず汚れやシミが付きます。長く着た着物は傷んできます。必要なときに必要な手入れを、いつ、どのようにすればよいのでしょうか。
これらの疑問を解決する方法を、このサイトでまとめて見ていただけるようになりました。 着物を着はじめたばかりという初心者の方から、長年袖を通している方まで、どうぞ参考にしていただければと思います。 左のメニューからお入り下さい。